心が疲れることは当たり前のこと!?

>

心を整える方法について

今日の風は今日、明日の風はまた明日吹く!

世界中の良い情報から嫌な情報等、自然と情報が目から耳から入ってくる、そんな多くの情報に疲れることがありますね。
多くの情報に疲れたときは、情報をまず狭めることも大事です。
方法の一つとして、昼までのことしか考えないようにしてみましょう。
仕事をする上で1日の流れは大事ですが、まずスケジュールを立てたら、区切って「ここまで!」の思考に切り替えます。これも訓練なのです。
今や企業がこぞって導入している「マインドフルネス」という瞑想法があります。
鼻から呼吸し出入する空気の流れに集中。右足、左足と歩く時それぞれに集中。そして感じるという方法です。
インドで瞑想修行をしている日本人が「今日は洗濯に集中する瞑想をするぞ!」「瞑想は生活の中にあるんだよ」と話してくれました。
ぜひ、実践してみてくださいね。

心の病に潜む病気

心の病は本当に精神だけに存在しているとは限りません。
年齢や天気によるもので精神的にバランスが崩れてしまうということも、近年医学のでも科学的に実証されてきたことです。
ガンバレルーヤのよしこさんが下垂体腺腫の治療のため休業となりました。
下垂体は、脳から一部がぶら下がっています。ホルモンバランスをつかさどっており、精神のバランスを失うこともあるのです。
また、アルツハイマー初期症状によっても精神的症状が現れます。
悩み等は家族や友人に相談し、いなければ、心理士に相談しましょう。
体の調子が悪かったら医師に相談することが大事です。
他、都や区役所でも、その役割によって弁護士先生、労働相談所、子育て支援課等、病気や家庭相談などの相談者がおります。
各保育園や学校でも、相談を受けてくださるところがあります。
心理士が在中している施設もあります。
一人で悩んでいることや困っていることを抱え込まず、ぜひ相談しましょう!


TOPへ戻る